地域生活支援センター|施設案内 | 社会福祉法人笠岡市社会福祉事業会(笠岡学園)

事業目標

地域で暮らす障害のある人たちが安心して生活出来るようにサポートをしていくためのサービス事業を実施しています。
今後においても,総合的な各種地域福祉サービスの提供を充実させるとともに,井笠地域の事業者はじめその他関係団体との連携を図りながら,地域社会の福祉の向上を目指します。

事業内容

相談支援事業(井笠圏域障害者相談支援センター“ふぁみりあ”)

訪問・来所などで相談に応じて,必要な情報の提供及び支援を行うと共に,関係機関との連絡,調整その他障害者等の権利擁護のための必要な支援を行ないます。
また,井笠地域障害者自立支援協議会の事務局を受け,協議会の運営に関与しています。
LinkIcon井笠地域障害者自立支援協議会
原則として井笠地域(笠岡市,井原市,浅口市,里庄町,矢掛町)からの委託を受けて,在宅で生活されている障害児・者及びその家族の方々の支援を行ないます。

居宅介護事業(居宅介護・行動援護・重度訪問介護・同行援護)

障害者及び障害児にホームヘルパーを派遣して,その環境に応じて入浴,排泄及び食事等の介護,調理,洗濯等の家事並びに通院等への同行及びその援助に関する相談及び助言その他全般にわたる援助を行ないます。

地域生活支援事業

屋外での移動が困難な障害者等について,外出のための支援を行うことにより,地域における自立生活及び社会参加を促します。

福祉有償運送

他人の介助によらず移動することが困難と認められ,単独では公共交通機関を利用することが困難な障害者及び要介護者・要支援者の方々を車輌による目的地までの移動と乗降介助を支援することにより,移動ニーズの充足と行動範囲の拡大に寄与し,福祉の向上を図ります。

指定共同生活援助事業

地域において自立した日常生活を営むことができるよう利用者の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じ共同生活住居において,入浴,排泄,食事等の介助,相談等の日常生活上の援助又は食事の提供,相談等の日常生活上の援助を行います。